病院ブランディング 病院ブランディング

病院ブランディング

病院にもホスピタリティが必要な時代です。好印象な外観、分かりやすいサインシステム、
心温まるモニュメントまでホスピタリティ溢れるユニバーサルデザインでお応えします。

病院ブランディング・外観デザイン

病院経営にとって大きな課題である人員不足。一見ブランディングやデザインとは関係がないように感じますが、病院の発信するコンセプトや、第一印象である外観は看護師さんを始めとするスタッフにも大きな影響を与えます。情報が溢れる現代社会において、使い古された活字情報ではなく、感性に響くデザインから受け取る情報を信じる傾向にあります。病院のメッセージやホスピタリティをデザインで表現してみてはいかがでしょうか。

院内サインシステム

病院において適切な情報伝達を目的としたサインシステムは非常に重要です。患者さんへのホスピタリティ、スタッフの負担軽減と多くの役割を果たすサインシステムは、本来あらゆる角度からの考察に加え、認知・誘導させる為のカラー選択やデザイン表現の経験が必要です。しかしサインシステムは建築工事のついで程度に設置されているのが現実です。病院と患者さんを結ぶ重要なコミュニケーション手段であるサインシステムを見直されてはいかがですか。

モニュメントデザイン

病院には多くの人が不安を抱えて訪れます。医療機関としては当然技術面で患者さんの不安を取り除くことが最優先ではありますが、一方で心のケアというものも同様に重要視される病院様が増えているかと思います。心のケアはさまざまな方法で行う事が出来ますが、例えば皆が集まる総合受付などに心地よいデザインのモニュメントを設置し、患者さんが少しの間、病気のことを忘れられる瞬間を演出するのも一つの方法ではないでしょうか。